Cover photo

Karak

概要

基礎紹介

Eigenの競合相手のRe-staking系で、同じようにポイントシステムを採用してユーザーなどのモチベをブーストしています。KarakはEigenと違い、L2からのステーキングをも可能にしております。

VCにはCoinbase、Panteraなどがいて、合計調達額 50M+になっています。これと比べればEigenは150M程度ありますので、まだそれの領域には達していません。

Karakの強み

やはり、BTC、SOLと比べると今年のETHのパフォーマンスは弱いので、これにつられETH のRe-staking 系のKarakも少し逆風を受けていると思いますが、Re-staking 自体は間違いなく今年の熱々話題の一つになっています。

また、Karakは独自のL2を開発しており、小口に対しても優しく、そこにおいてEigenのパイを少しずつ食っています。

EigenのTVLとKarakの比較チャートを出そうと思ったのですが、KarakのTVLが一直線になるぐらいEigenのTVLが高いです。

14Bなのに対し、KarakのTVLは現時点70M程度しかないので、そこそこの穴場と思います。

しかしStakingした資産を取り出すのに14日程度の時間かかりますので注意してください。

セキュ

外部監査+Bug Bountyをやっているます。

.

しかし過去に資金を不当に運用したことが指摘されており、そちらについての回答は下記のツイートでまとめられています。

その他の大した指摘はされておりません。チームはイスラム系の方と思います。

ストラテジー

Karakの対応チェーンは合計3つあり、独自L2のKarak・ETH・ARBになります。

基本入れるのはなんでもありですが、1ETH 程度の資産の小口はやはりL2からのステーキングが最も美味しいと思います。

KarakのL2もいいのですが、そちらのブリッジはETH メインネット→Karakチェーン+ガス代など色々めんどいことがあり、現時点そちらの魅力がさほどないかなと思います。実際Karak全体のTVL 300M程度であるのに対し、Karakチェーンでのステーキングは60M程度にとどまっています。

最も小口に推奨するやり方は資産の移動にコストが少ないARBチェーンになります。

まとめ(TL;DR)

まずやることで教える登録の手続きを完了させます

その後書いた3つのストラテジーで自分にあったものを選択

トークンを購入し、Karakにデポ、大体の場合は二重のリスク&二重報酬を期待できます

やること

https://app.karak.network/

上記がKarakのステーキングサイトになります。コードがないと中身見れない、Blast方式になっていますが、ぜひ 9TeFN というコードを使ってください。

すると対応チェーン、資産を一覧できるようになります。

最も推奨しているARBの対応しているトークンの中でも色々あり、Renzo に結構Exposure持っている方はEtherfi、Etherfiのクジラ傾斜分配に大してあまり評価しないと思う方はRenzo の ezETHにすればいいと思います。

一番下のPTとはPendleの技術を採用したトークンで、これらのトークンは固定した利回りを得ながらKarakにステーキングできる斬新なものです。しかしながら、これらのトークンはRenzo、Etherfiのポイントを放棄しています。ちょっと理解しずらい概念です。ここを次の段落にしてもう少し詳しく紹介します、とりあえずEtherfiとRenzo の入れ方をまず紹介します。

Etherfiの場合

Etherfiの場合は2倍のEtherfi トークンをゲットできますが、クジラげーで前回のエアドロ複垢していなければさほど美味しくなかったのです。

>しかし時価総額が高く、2回目の割り当ては1回目と同じぐらいなので、それ狙いで入れっぱなしの方も多い。これをARBチェーンで複垢狙いもまあ悪くないのでは?と思いました。

ARBチェーンの $weETH(=Etherfiのトークン)を調達する必要があります、私は上記のリンクでスワップして調達をしました。Jumperというプラットフォームになります。これ単体のエアドロもありますのでぜひ活用してください。

上記のリンクではすでに私の方で設定済みでUSDC→ weETHになっていますが、USDCの方を他のものに変換してスワップも可能です。ご覧の通り、0.4ドルぐらいのコストでスワップができます。

取得した状態でKarakのページをアクセスして、ここをARBにして、下へスクロールして ETherfiのプールを見つけてアクセスしてください。

残りは入れるだけです。

ezETH

本当に全く同じですが、ezETHはARBでステーキングできます。これは化ける可能性もありますが、そうでない可能性もあり、一回エアドロの前例のあるEtherfiと比べると不確定性が高いところが魅力。

上記のサイトをアクセスし必ず赤括弧の箇所でチェーンをARBに選択して、デポのみ。残りのやることはEtherfiと同じ。

Pendle

一つのトークンを利回りの部分+元本の部分に分けることが特徴、でKarakに入れることできるのは元本の部分のみで、これをPTと呼びます。

PTを買うと下記の図のようにそれぞれそれぐらいの利回りをゲットできますが、この利回りよりさらに今後利回り上昇したら機会損失します、反面、Maturity=満了期間まで持つとこの利回りは保証されます。

これも全部トークンで表されていますので、このレシートトークンを使って色々Defi 活動も可能です。

これは上級向けかなと思いますので、一応ありますよということの紹介でした。やりたい方はここでPTを買ってさらにそれをKarakにステーキングしましょう。それでKarakのポイント+PTの保証された利回りの二重取りできますが、RenzoとEtherfiのポイントを放棄したことになります。

このストラテジーは

・エアドロが40%程度のイールドを超えることができないだろうと思う人

・40%の低リスクのイールドで満足できる人

に推奨です。

買う時はBuy PT,退場したい時はSell PT。これとKarak絡めると14日間の退場待ちもあり、少しめんどい。


・免責事項

当ブログサイトは一般的な情報を提供するものであり、投資アドバイスや個別の推奨事項ではありません。利用者は自己の判断とリスクを考慮し、情報に基づいて行動する責任を負います。

仮想通貨には重大なリスクが伴います。価格の変動、市場の不安定性、規制の変更、および他の要因により、投資家は資金の一部またはすべてを失う可能性があります。当サイトの情報は、将来の結果や利益を保証するものではありません。

当ブログサイトの情報に基づいて生じた損害や不利益について、情報提供者は一切の責任を負いません。利用者は自己のリスクを十分に理解し、投資判断を行う責任を負います。当サービスは一般的な性質の情報提供のみを目的としており、利用者の個別の状況や目的に応じた助言は含まれていません。

Loading...
highlight
Collect this post to permanently own it.
kazumayu.eth logo
Subscribe to kazumayu.eth and never miss a post.
#karak
  • Loading comments...