Starkエアドロ

やっと大規模エアドロが来ました、嬉しすぎます、複垢正義の配り方でもありましたが、具体的なルールを見ていきたいと思います。Starknetのメインネットだけの簡略記事になります。全然詳しく書いていません。

概要

こちらのオフィシャルドキュメントが基準です。ARBとほぼ全く同じシステムでいくつかのクリティカルな足ぎり要件で切られなければ、それ以外は点数制になります。満点の7点を取れば一垢=1万ドルに至ります。

今回で合格のStarknet(EXを除き)ユーザーは50万ウォレットのみになります。(下記のスクショを参照)こんなゆるゆるの条件で50万人しかもらえないことに私個人は結構びっくりしています。

足ぎり

下記が足ぎりの詳細になります、合計4つになりますが、全部クリアする必要があります。この足ぎりに設定したのはシビルを排除するためだそうです。

1、11月15日までに5つのTxを刻んであること。

2、3ヶ月以上のアクティブがあること。

3、Txの総額が100ドル以上であること

4、11月15日当日に0.005ETH がウォレットに入っていたこと(これARBの時も全く同じ規則がありました)

です。大体の方はこの4で切られているのではないかと思いますが、資金を全部抜いてしまったらStarkをもうこれ以上触りませんと宣言をしているようなものなので切られてもしょうがないという感じがします。

点数

こちらの表を作成した人に感謝です。ソースは見つかりませんでしたが、知っている方教えてください。

  • 先ほどの足ぎりで切られていないなだけで1ポイントゲットできます。

  • 7ヶ月〜10ヶ月のStarknet 利用=1Point

  • 11ヶ月とそれ以上で2 Point

  • 7千ドル以上のTx ボリューム=1Point

  • 35000ドル以上のTxボリューム=2Point

  • 使ったコントラクトが20〜39個=1Point

  • 使ったコントラクト(Dappsなど)が40以上=2Point

1Point=つまり足ぎりされなかった方は1垢500STRK

その他のポイントとトークンの換算は下記の表をご覧ください。満点の7点を取ると10000トークンがもらえます。

Sybils

こちらのサイトで記載されていますが、具体的な排除方法はZetaと大差がない。Trustalabsと連携して、資金調達のMetamask 垢とStarknet垢の両方が調べられています。

  • 資金混同

  • Ethereumアドレスの資金混同(これは目新しい)

  • 初期資金が全く同じ(Starknetウォレットにおいて)

上述のことやその他の未公開のステップを基準にしてイニシャルなリストを作り、そのリストの中からアドレスごとの相関性が分析されます。相関性の相対的にひくいものはFalse positiveつまり冤罪として判定されてリストから出され、本当に相関性の高いものだけを残すようにされています。

クレーム、チェック

上記のサイトをアクセスして、Check below をタップしてウォレットを接続すれば見れます。

クレームは20日になってからになりますので注意してください。

Loading...
highlight
Collect this post to permanently own it.
kazumayu.eth logo
Subscribe to kazumayu.eth and never miss a post.
#stark
  • Loading comments...